西條の言葉


『西條弁』ことば一覧のページへ (随時追加・更新) 



 西條弁という言葉または方言はあるのでしょうか?
 
 同じ愛媛県の中でも東予、中予、南予では気質も違えば文化や言葉も微妙に異なります。

「がんばっていきまっしょい」という愛媛を舞台としたいい映画があります。その中で使用されている方言は西條の言葉と大体似ているけれど、ちょっと異なる所があったように思います。
 「がんばっていきまっしょい」の公式サイトはこちら

 映画ではありませんがありがとうのことをだんだんなんて西條では使いませんしね。(松山に住んでいた時「だんだん茶屋ゆんやか変な名前じゃ」、と言ったら「なーーんも変じゃないぞな」と言われた事がありました)

 NHKテレビで『ふるさと・日本の方言』という番組がありました。    サイトはこちら
 それによると全般的に愛媛県には古語が残っているそうです。
往ぬるとかおらぶなんかがそうみたいですね。(司馬遼太郎の「菜の花の沖」の終盤に「タイショウ ウラァとおらんでくれぃ」という一節もあります)
 また同放送によると喋るスピードが東・中・南予で大きく異なり、中予が全国標準と比較して遅く、南予になるとかなり遅い。ところが東予は全国標準よりとても早く喋る、とのことでした。


追記1 「がんばっていきまっしょい」の「しょい」は方言ではなく、松山東高校独自の伝統ある掛け声だそうです
追記2 「だんだん」は西条では最近日常生活においては使用しませんが、戦前生まれの人は使っていたとの事です


後記   

 西条図書館にある『言葉の自然林』という本によると日本の方言を体系的に分類しています
で、まず日本の方言は「西部」「九州」「東部」「琉球」に分かれるそうです、西条は「西部」に入ります
次に「西部」は「四国」「中国」「近畿」に分かれます、西条は当然「四国」に入ります
次に「四国」が「北部」「東部」「南部」に分かれます、西条は「北部」に入ります
次に「北部」が「東伊予」「中伊予」「讃岐」に分かれます、西条は「東伊予」に入ります
次に「東伊予」が「新居郡」「西部」「宇摩郡」に分かれます、西条は「新居郡」に入ります
最後に「新居郡」が「西部」と「東部」に分かれ、新居浜市は東部、西条市は西部になります
 
  つまりこのページの冒頭で「西條弁という言葉または方言はあるのでしょうか?」と書きましたが、独自の西條弁はある、といえるようです
   




『西條弁』ことば一覧のページへ (随時追加・更新) 





トップに戻る






inserted by FC2 system